環境循環型農法で食の安心・安全を未来へ

海藻の肥料で農作物を育てる~海藻肥料の製造・販売を行うなかうみ海藻のめぐみ~

健康でおいしい農作物を育てるためには、肥料が欠かせません。そんな肥料には様々な種類がありますが、高品質な肥料をお探しの方には海藻の肥料がおすすめです。こちらでは、肥料の三要素と海藻肥料のメリットをご紹介します。

農作物の生育に欠かせない肥料の三要素

日差しを浴びる植物

農作物が育つためには、17種類の栄養素「必須要素」が必要です。その中でも、最も重要な栄養素が3つあります。

窒素

窒素は葉緑素の素となるもので、葉や茎の生長に必要な栄養素です。窒素が不足してしまうと、下葉から黄色くなってきます。また、分枝しにくくなり、草丈が伸びないといった症状も現れます。だからといって与えすぎてしまうと、葉や茎にばかり栄養が傾き、花や実がつきにくくなるため注意しましょう。

リン

リンは、花や実をつけるために必要な栄養素です。トマトなどの果菜類を育てる際には欠かせません。土壌中のpHが高くなると水素を放出し、低くなると水素を獲得して中性になるよう調整する役割も持っています。リンが不足してしまうと実の成熟が遅れてしまい、与えすぎてしまうと土壌病害が起こりやすくなります。

カリウム

カリウムは、根や茎を丈夫に育てるために必要な栄養素です。根が成長するために必要な炭水化物は葉で作られるのですが、それを根まで運ぶのがカリウムの役割です。

また、病気や寒さなどに対する抵抗力を高める働きもあります。カリウムが不足してしまうと下葉から枯れはじめ、与えすぎてしまうとマグネシウム欠乏を引き起こします。

海藻の肥料が農作物に与える効果

海藻肥料はその名の通り、海洋植物海藻を主要原料としています。海藻にはアミノ酸や炭水化物、ミネラル、植物生育促進物質群、ビタミンなど、植物の生命維持や生長に欠かせない成分が豊富に含まれており、近代農業に欠かせない有効資材として注目されています。

特にミネラルは窒素・リン・カリウムの吸収効率を高める効果があり、またアミノ酸と結合して酵素やホルモンなどの物質を作る役割があるため、とても重要な栄養素です。他にも60種類以上の栄養素が含まれている海藻肥料を使うことで、農作物の食味や品質、収量向上が期待できるのが海藻肥料のメリットです。

また、一般的な肥料とは異なり、有害な胞子や昆虫類の卵、雑草の種子などが混入することがなく、生長力と同時に病害虫に強い植物に育てることができため、農薬の使用を減らすことができるのもメリットの一つであると言えます。

海藻の肥料を製造・販売しているなかうみ海藻のめぐみ

海藻のめぐみ

海藻の肥料を通販でお探しの方は、製造・販売を行うなかうみ海藻のめぐみをご利用ください。鳥取・島根両県にまたがる、汽水湖・中海の海藻類オゴノリ・ホソジュズモなどを有機質資材に混合した、純国産の海藻肥料を販売しています。

肥料三要素がバランスよく配合されており、またカリウム・鉄分などのミネラル類も豊富です。水稲や野菜、果樹の生育に、ぜひなかうみ海藻のめぐみの海藻肥料をお試しください。

海藻を使用した肥料ならなかうみ海藻のめぐみへ!

会社名 株式会社 なかうみ海藻のめぐみ
住所 〒684-0003 鳥取県境港市浜ノ町147
TEL 0859-30-2324
FAX 0859-30-2334
URL https://www.n-kaisounomegumi.co.jp/
設立 2016年2月29日
資本金 5千万円(資本準備金5千万円)
代表取締役 今岡恵子
事業内容 海藻肥料製造販売

PAGETOP
Copyright © 株式会社 なかうみ海藻のめぐみ All Rights Reserved.