環境循環型農法で食の安心・安全を未来へ

国産海藻の有機質肥料を販売!農業・ガーデニングに最適~有機質肥料の種類と使い方~

有機質肥料には、植物に由来するものや食品の副産物など、実に様々な種類が使われています。また、有機質肥料は使い方が難しいと思われがちですが、慣れてくると穏やかな効きのため、目的に応じて幅広く使うことができます。

一般に流通・販売されている有機質肥料の種類と、使い方のポイントを解説します。農業やガーデニング、野菜の栽培にぜひお役立てください。

有機質肥料の種類

畑に並んで置いてある海藻のめぐみ

有機質肥料には非常に多くの種類がありますが、こちらでは「海藻のめぐみ」に使用されている種類を中心にご紹介します。

油かす

菜種・大豆・落花生・ゴマなどの植物の種子から、油を搾った後のかすです。窒素の含有量が多いという特徴があり、中でも菜種・大豆の油かすは代表的な有機質肥料として知られています。油かすだけではリン酸・カリが不足しがちになるため、他の有機質資材を組み合わせて補います。

米ぬか

お米を精米した後に出るものです。肥料三要素以外にもビタミンやミネラル、食物繊維などを豊富に含むため、土壌の微生物を活性化させる働きが期待できます。土やもみ殻などを混ぜて、ぼかし肥料として使うと効果的です。

魚粉

別名「魚粕(さかなかす)」とも呼ばれます。魚を乾燥させて粉末状に砕いたもので、窒素とリン酸が多く含まれているのが特徴です。カリ分はほとんど含まれていないため、他の肥料を混ぜて補うと良いでしょう。

海藻

海藻には、ミネラル・アミノ酸・カリウム・ビタミンなど、数十種類の栄養素が豊富に含まれています。海藻特有の栄養分は葉や根から吸収される効率も良く、大変注目されています。他の有機質資材を組み合わせることで、肥料三要素がバランスよく配合された肥料となります。

野菜・果物の栽培における有機質肥料の使い方

青々としている植えられた野菜

複数の種類を組み合わせる

有機質肥料はその種類によって特性が異なりますので、複数の種類を組み合わせて使うことが大切です。養分を考慮した上で上手に組み合わせて使うことにより、それぞれの肥料の効果を得ることができます。

与える量に注意

肥料の使い方で特に気をつけたいのが与える量です。肥料は多く与えれば良いというわけではありません。肥料を多く与えると農作物は大きく生長しますが、活着や病害虫の発生など、生育上の問題が起きやすくなります。肥料を与える際は適量を守り、根に直接触れないように施肥しましょう。

有機質肥料の特性を理解する

有機質肥料の使用で念頭に置きたいのは、「効果が出るまでに時間がかかる」「微生物に分解される過程で発酵熱・ガスが発生する」という点です。ここを理解して使わないと、発酵熱によって根腐れが起きたり、カビや虫の発生、肥料が団粒化して土壌が固まってしまうといった問題が起こります。

有機質肥料の特性を正しく理解した上でご使用ください。

農業やガーデニングに!国産の海藻肥料「海藻のめぐみ」~1kgからお手頃価格で販売中~

安全で美味しい農作物を消費者に届けたい、家庭栽培の野菜は有機にこだわりたいという方は、なかうみ海藻のめぐみが販売する国産海藻肥料「海藻のめぐみ」をご利用ください。汽水湖・中海(なかうみ)の海藻類を使用した、他にはない純国産の海藻特殊肥料を販売しております。

テレビや新聞で取り上げられ話題になったイチゴ「章姫」、コンクールで金賞を受賞したコシヒカリなど、「海藻のめぐみ」を使用して多くの農作物が生産されております。お手頃価格の1kgから販売中ですので、農業やガーデニングにぜひ一度お試しください。

なかうみ海藻のめぐみは有機質肥料「海藻のめぐみ」を販売!

会社名 株式会社 なかうみ海藻のめぐみ
住所 〒684-0003 鳥取県境港市浜ノ町147
TEL 0859-30-2324
FAX 0859-30-2334
URL https://www.n-kaisounomegumi.co.jp/
設立 2016年2月29日
資本金 5千万円(資本準備金5千万円)
代表取締役 今岡恵子
事業内容 海藻肥料製造販売

PAGETOP
Copyright © 株式会社 なかうみ海藻のめぐみ All Rights Reserved.